アルゼンチン、カタールW杯で優勝候補に

世界第4位のアルゼンチン。

現在のアルゼンチンの主力選手は、34歳のメッシとディ・マリア、34歳のオタメンディ、35歳のアルマーニを除けば、全員が30歳以下で、比較的若いことが、アルゼンチンがコパ・アメリカを制することができた重要な理由である。 インテルでプレーするラウタロはアルゼンチンの得点王となり、インテルのチームメイトであるコレアとのコンビで今後のアルゼンチンの前線の主役となる。中盤ではアトレティコ・デ・ポールとパリ・パルドレスがアルゼンチンの攻撃のオーガナイズを担っている。 アルゼンチンの最大の弱点は、昔から、そして現在も変わらない。

サッカーユニフォーム

アルゼンチンはカタール・ワールドカップでサウジアラビア、メキシコ、ポーランドとグループCに入り、同グループの3チームはアルゼンチンとの戦力差が比較的はっきりしている。 もしアルゼンチンがグループ1位を逃し、2位にとどまった場合、おそらく1/8ファイナルの早い段階でグループDの1位であるフランスと出会うことになる。 アルゼンチンが普通にプレーすれば、少なくともワールドカップのベスト8には入れるだろうが、さらに上を目指すには、リオネル・メッシの力が必要である。