アトレティコ・マドリード vs セビージャ

アトレティコ・マドリード対セビージャはラリーガ第37節で最も期待されている試合の一つで、5月16日01:30(日本時間)に開始される予定だ。 リーグ戦は残り2戦となり、アトレティコ・マドリードは来季のチャンピオンズリーグ出場が確実となり、セビージャも5位レアル・ベティスとの勝敗がつくため、あと1点あればいいということになった。 この直接対決はリーガ・エスパニョーラの残り2試合で最もエキサイティングな試合の一つであり、レアル・マドリードとバルセロナの2強入りを決めるかもしれない。

セビージャはこの試合で、来シーズンの欧州トップリーグ出場権を獲得するために、あと1ポイント足りないという状況でワンダ・メトロポリターノに乗り込んできた。 チャンピオンズリーグの出場枠は残り1つだが、その1つは間違いなくセビージャのチームが占めることになる。 セビージャは勝ち点66で次戦に臨み、街のライバルであるレアル・ベティスは勝ち点61でその背後に迫っている。

サッカーユニフォーム

シーズン終盤、ボノとして知られるヤシーン・ブオヌは、特にこの大会で最も話題になる選手の一人だろう。 2021/22シーズン、最も効果的にゴールしたGKに贈られる「サモラ・トロフィー」の受賞が目前に迫っている。 ブオニュは、シーズンを通してそうであったように、この大会でも重要な役割を果たすはずである。 29試合で23失点、平均失点0.79を記録している。 この試合で彼は、複数の賞を受賞している人物と対戦することになる。その人物とは、過去6回のサモラ賞のうち5回を受賞しているアトレティコ・マドリードのGKオブラクである。

また、この試合は、アトレティコ・マドリードとワンダ・メトロポリターノのホームファンにとって、胸を張ってホームシーズンを締めくくるお別れ試合となる。 今シーズンは、上位に肉薄し、再び目標を達成したことでチャンピオンズリーグ出場権を確保した。