ベイル、アトレティコ・マドリードへの移籍を拒否

レアル・マドリードに所属するウェールズのスーパースター、ガレス・ベイルの契約満了が迫っており、レアル・マドリードでの態度から契約延長の可能性がなくなったベイルは、代理人に次のオーナー探しを依頼し始めているようだ。

スペインメディア『ラジオ・コルベット』によると、ベイルの代理人はレアル・マドリーの街のライバルであるアトレティコ・マドリーと接触しており、ウルグアイ人ストライカーのルイス・スアレスとの契約が満了を迎えるため、アトレティコ・マドリーを離れることを決意し、移籍市場で後釜の選手を探す用意をしているとのことだ。

しかし、アトレティコのシメオネ監督は、ベイルの「ガラス張り」の体格は「鉄血」の戦術に合わないし、おそらく年金生活者になるだろうと、ベイルの招聘に消極的だった。 アトレティコは偉大なる聖人の代理人を拒否し、このような不安定な選手を楽屋に引き取ることはないだろう。

実際には、ベイルの強さ、彼はレアルマドリードの場所を占めることができますが、彼の貧しい「物理的な」彼のフォームに影響を与える、時々「素晴らしいプレー」が、彼は怪我から回復しながら再生するゴルフコースに行く必要があります、これはレアルマドリードのシニアマネジメントには絶対に受け入れられない、あなたはレアルマドリードは前の年のベイルを放棄する準備ができていることがわかりますが、彼はちょうどフロレンティノによって導かシニア管理は非常に無力で、チームに滞在した後、彼はアジャルの態度を影響、ベイルと同じ道を歩んでいる、彼は今リアルマドリードの「フラット嘘」最後まで計画ですベルギーバロンダオールを引き起こします。

サッカーユニフォーム

ベイルの古巣トッテナム・ホットスパーは当初、レヴィが大幅な減俸をした上でフリー契約で呼び戻し、チームが大幅なコスト削減をすることを望んでいたため、買い戻しに興味を示していたが、監督のコンテがベイルの復帰に反対しており、このルートもうまくいかなかった。

モウリーニョ率いるローマがこの時期にUEFA杯を制し、落ち目の巨人に復活の希望を与えたこともあり、この夏、モウリーニョは移籍市場で安くて力のある選手を数人探すことになるのだろう。 ベイルが来シーズン、モウリーニョ監督の元に行く可能性はまだ十分にある。

モウリーニョはローマがUEFA杯を制したことで安堵し、彼にとって今シーズンは最悪ではなく、チーム力向上のためにスカウトを手配し、「モウリーニョの2年目」がモウリーニョの出番となるように、適切な選手探しをしたのだった。 ベイルの代理人がモウリーニョに電話して、ベイルがアペニン山脈に来てプレーできないかと頼み、両者は電話で合意したので、ベイルをイタリアに連れて行ってモウリーニョと直接会う用意をしたのだ。

現在の最大の問題は、ローマがレアル・マドリーの年俸を提示できるのは、チーム最高額の600万ユーロまでで、それ以上になるとローマの給与バランスが崩れるため、両者の間で綱引きが行われる可能性が高いということだ。

ただ、ベイルが無償で加入した以上、ローマの上層部はある程度譲歩するはずです。 ベイルにもっと肖像権を与えれば、サラリーの問題も解決するでしょうし、ベイルがレアル・マドリーに移籍した後、シャツの売り上げも非常にホットだったので、ローマに来ても、まだまだ稼げるんじゃないかと思いますね。