カタールワールドカップまであと10日! 何を期待できますか?

10 日間で、4 年に 1 度のワールド カップの饗宴が、カタールのガルフ スタジアムで正式に開催されます。 このスタジアムのデザインは、非常に地理的文化的な地元の遊牧民が使用するテントに触発されています。

ワールドカップが初めて湾岸地域に来るとき、過去からの異なる文化との多くの衝突があり、新しい経験をもたらすことが予想されます.

それを超えて、どのチームが世界サッカーの新しい風景をリードするでしょうか? メッシ、ロナウド、モドリッチなどのベテラン選手の「ラストダンス」はどのようなものになるのでしょうか? アジアのチームは奇跡を起こすことができるのか… 10 日間のワールド カップで楽しみなことがたくさんあります。

彼らの「ラストダンス」

カタールワールドカップは別れに満ちたものになる運命にあります。 37 歳のロナウドとモドリッチ、35 歳のメッシ、34 歳のブスケツ…

ワールドカップで、彼らはあまりにも多くの忘れられない思い出を残しました。 ポルトガルを一人で救ったクリスティアーノ・ロナウド、“生と死の瞬間”に最後の力を振り絞ったモドリッチ、ヘラクレスカップを通過したメッシ、スペイン黄金世代のブスケツ。

もちろん、34歳のゴールデングローブ優勝者であるベンゼマ、前回のワールドカップで3位になったベルギーのゴールデンジェネレーション、2014年に優勝したミュラー、ノイアーなどのドイツチームのメンバーもいます。カーテンコールに到達する確率が高い。

彼らは時の海を渡り、未完の夢を叶えることができるのか? それともまともな別れ? 何でも可能な緑のフィールドでは、物語がどこに向かうのか誰も推測できません。

メッシとアルゼンチンは、このワールドカップで夢をかなえることができるでしょうか?

世界のサッカー界をリードするのは誰だ

前回のワールドカップでは、スター勢ぞろいのフランスチームが守備の反撃を存分に発揮し、ついにヘラクレスカップで優勝しました。 2014年のワールドカップブラジル大会で、ドイツチームは独自の「鋼鉄の機械」的なDNAにちょっとした繊細さを取り入れ、ついに頂点に立った。 2010年のワールドカップ南アフリカ大会では、華麗なパスとコントロールを武器にスペインチームが圧倒的な強さで優勝。

2022年のカタールワールドカップで、世界のサッカーのパターンをリードするのは誰? 例年とは異なり、これはよりサスペンスのあるワールド カップになる可能性があり、どのチームも過失に近いチャンピオンシップを示すことはできません。

南米のブラジル、アルゼンチン、そしてイングランド、ポルトガル、フランスなどの伝統的な強豪チームは、いずれも優勝に向けた強さを備えています。 最終的に誰が最後に笑うかは、ゲームが始まって初めて結果がわかります。

アジアチームは奇跡を起こすことができるか?

アジアのチームにとって、このワールドカップのグループ分けはやや「友好的」ではなく、日本チームはスペインとドイツの「死のグループ」に分類され、韓国チームはポルトガルとウルグアイと同じグループに属しています。アジアのサッカーにとって、これは挑戦であり、実力を証明するチャンスです。

対照的に、イランとホストのカタールはより良いグループ分け状況にあります. 前者は、イングランド、アメリカ、ウェールズと同じグループに属しています. 1部イングランドチームの最近の悪い状態を考えると, の強さ米国とウェールズは絶対的な優位性を占めていません. , イランは予選スポットを争うあらゆる機会を持っています.

開催国のカタールはワールドカップ初出場とはいえ、2019年アジアカップ王者としての強さは健在で、エクアドルやセネガルと予選を争うチャンスは十分ある。

どのような文化的衝突が起こるでしょうか

20年ぶりにワールドカップがアジアで開催され、湾岸地域で開催されるのは初めてであり、北半球で初めて冬に開催される。文化的な衝突という観点からすると、間違いなく多くの新しいアイデアが生まれるでしょう。

残念なことに、ワールド カップが 4 年も続くのに、まだ中国のサッカーを待ちきれず、その過程で、中国のサッカーがワールド カップの舞台からどれだけ離れているかがわかります。

フィールドにはサッカーのナショナルチームはありませんが、馬寧、曹操、石翔で構成される中国の審判チーム、中国が建設したワールドカップ決勝スタジアム、中国のジャイアントパンダのジンジンとシハイ、そしてさまざまなワールドカップ製品が作られました。中国のすべての選手がこの大会に参加します. ワールドカップで.

もちろん、メディアの「ナショナルチーム」として欠席することはありません.テキスト、写真、ビデオ、ライブ放送などの形で完全なメディアレポートがあり、カタールを紹介し、探索し、体験することができます.フットボールの喜び。

10日後のカタールワールドカップ開幕を楽しみにしましょう!

カタールの防疫は世界の賞賛を得る

世界中の何億人ものファンが期待する4年に一度のワールドカップが始まろうとしており、世界は正式にワールドカップの時期に入りました。

2010 年 12 月、FIFA は、カタールが 2022 年のワールド カップを開催する権利を獲得したと発表しました。

意外なことに、9年後の2020年初頭に世界で新型コロナウイルスの流行が勃発し、2年後にはワールドカップイヤーに突入したこともあり、延期か、ライブ視聴者数に制限がかかるか、または空の会場でさえ。

しかし、開催国であるカタールは、ワールドカップの延期を申請していません。

カタールの土地面積は小さく、北京の面積の 3 分の 2 しかありません. ワールドカップのために用意された 8 つのスタジアム間を車で移動するのに 30 分しかかかりません. 韓国と日本のワールドカップは大きく異なります。

2022 年、カタールの総人口は 265 万 8000 人になります。

推定 120 万人のファンが 11 月 20 日から 12 月 18 日の間にカタールに集まります。

これの意味は:

ほぼ 2 人のカタール人に 1 人の外国人ファンと連絡を取り、受け入れなければなりません。

スタジアム内だけでなく、スタジアム間の道路、ショッピングモール、レストラン、ホテル、プールも混雑し、1メートルのソーシャルディスタンスを保つことさえ困難になります。

現在の流行において、カタール人は本当にさまざまな変異株による感染を恐れていないのでしょうか?

カタール人は新しいコロナウイルスから身を守ることができますか、それとも瓶を壊してただ横になるのでしょうか?

実際、カタールでの流行はかつて非常に深刻でした.「流行に関するリアルタイムのビッグデータレポート」によると、北京時間の2022年11月11日11:00の時点で、カタールは合計472,927人の陽性症例を確認しています.新しい王冠と684人の死者。

最近、カタールで新たに確認された症例の 1 日あたりの平均数は 500 近くに達しており、11 月 11 日にカタールで新たに 361 の症例が確認され、1,858 の症例が確認されました。

2022 年のカタールの総人口 265 万 8000 人によると、国民全体の診断率は 17.79% にも達します。

カタール公衆衛生省によると、この割合には検査を受けていない陽性者は含まれていません。

2021 年末から 2022 年初頭にかけて、カタールはアラブ カップのサッカーの試合を主催し、確認された 1 日あたりの平均感染者数は 5,000 人近くになりました。

2021 年のヨーロッパ カップ、2021 年の東京オリンピック、2022 年の北京冬季オリンピックでは、主催者は現場の観客数を厳しく制限するか、クローズド ループの管理を実施します。

今、世界で最もカーニバルのイベントが来ています. ちょうどここ数日で, 世界中から 120 万人のファンと 32 の参加国から選手と物流担当者が集まり、交差感染は避けられません.カタールでは 1 日に多数の新しい診断があり、その確率は急上昇します。

カタールは本当に怖くないのですか?

自国民の命を守るために、カタールがファンの数を制限したり、ワールドカップを延期したりすることを申請したと言われれば、それは完全に合理的であり、FIFAとファンは何も言うことはありません.

しかし、カタールは流行を恐れていません。

カタールの自信は、全人口がファイザーワクチンとモデルナワクチンを接種されているということです.

2022 年 9 月末現在、12 歳以上のカタール国民の初回ワクチン接種率は 96% に達しています。

この数は世界で 5 番目にランクされています。

2022 年 11 月 11 日 11:00 (北京時間) の時点で、カタールでは新たなクラウン感染による合計 684 人の死亡者があり、確認されたすべての新しいクラウン陽性症例 (致死率) の 0.1446% を占めています。

この数字は、世界保健機関およびさまざまな国の専門家による新しいクラウン症例の致死率の推定値 (0.5%-1%、中国が発表した数字は 0.39%) よりもはるかに低いです。

さらに、数日連続で、カタールでの新たな死者数はゼロです。

少なくともワールドカップが開幕するまで、カタールは間違いなく流行との闘いに大きな成功を収めてきました。

事前にワールドカップの雰囲気を作り出すために、カタールは 2021 年 7 月 12 日に国境の再開を発表し、条件を満たした一部の観光客は検疫なしで入国することさえできます。

8 月 6 日、カタールはさらにブロックを解除してオープンすると発表し、ショッピング モール、レストラン、遊園地、ビーチ、プール、モスクなどの公共の場所は基本的に流行前の状態に戻りました。

ワールドカップ開幕まであと半月、カタールは試合観戦を熱望するすべてのファンに大きなサプライズを送った。

ワールドカップ中のカタールの流行防止政策を見てみましょう。

(1) 入国検査、隔離およびワクチン要件

1. 核酸検査や抗原迅速検査の陰性報告書は不要です。

2. 入国前に Qatar Health Code モバイル アプリ Ehteraz を登録する必要はありません。

3. 予防接種の義務はありません.カードに来る前に、新しいクラウンとインフルエンザワクチンを取得することをお勧めします.

4. さまざまな国のファンは、カードを入力した後、検疫または必須の新しいクラウン テストを受ける必要はありません。

(2) 公共の場所へのアクセスと保護の要件

1. 医療機関に入るには、イーテラズグリーンコードが必要です。

2. 医療機関ではマスク着用が義務付けられています。

3. 社会的距離を維持することをお勧めします。

注: 上記の公共の場所には、8 つのワールドカップ スタジアム、またはホテル、ショッピング モール、レストラン、その他のファンが行かなければならない場所は含まれていません。

つまり、その時、流行前の通常の社会生活期間と同じように、ファンは自由に行き来できます!

カタールは、入国と入国に関する防疫制限をほぼ一気に解除し、完全に腕を広げ、ドアを開放し、ワールドカップスタジアムを開放し、医療機関以外の公共の場所を開放し、世界中のファンを歓迎し、楽しませました。燃えるような熱意!

流行後初めてのワールドクラスのスポーツイベントとして、カタールでは、流行前のブラジル、ロシア、南アフリカと変わらないファンがカーニバルになると考えられます!

 

カタール ワールド カップ プレビュー

カタール ワールド カップ プレビュー: すべての準備が整い、キックオフを待つだけです。

2022年のカタールワールドカップが11月20日に開催されようとしています.これは22回目のワールドカップです.カタールで開催されるのは史上初であり、中東の国では初めてです.冬に北部で開催されるのは初めてです.ワールドカップに出場したことのない国が開催する初めてのワールドカップサッカーの試合。

2022 年 11 月 10 日、ドーハでの地元の大会の雰囲気は強かった。 上位 32 チームの国旗がモールに掲げられ、街の商業施設のスター ポスターが目立ち、街の通りにはマスコットのライブがいたるところにいます。 開会式を間近に控え、各会場では仕上げ作業が進められており、周囲の布はボール要素にあふれ、街全体が陽気な雰囲気に浸っている。

カタール ワールド カップ スタジアム: アル ジャヌーブ スタジアムの内部ビュー。 スタジアムのスタンドはモジュール式で、ワールドカップ期間中は 2 層のスタンドがあり、合計 40,000 人の観客を収容できますが、ワールドカップ終了後、上のスタンドは慈善寄付のために解体されます。

現地時間の 2022 年 11 月 7 日、カタールのドーハで、アルゼンチンのファンが何万キロも走ってドーハに向かいました。

2022 年 11 月 10 日、現地時間、カタールのドーハ、人々 は 2022 カタール ワールド カップの前にフラグ スクエア エリアで写真を撮ります.

 

日本が最強のチームを送り込んでも、カタールが2022年W杯を制するだろう。

2019-02-02

昨夜、ドーハの街で歓喜する群衆、上がり下がりするサイレンの音は、18年前の瀋陽を思い出させた。2019年2月1日は、カタールのサッカー史上最も輝かしい日になることは間違いない。カタールが2022年ワールドカップ開催への入札に成功し、また大きな節目となったのである。

正直、決勝戦の前は少し不安でしたが、カタールが賢くプレーすれば、今の日本のチームでは手に負えないはずだと思ったのです。 結果的には、個人の能力の高さだけでなく、戦術的な規律の厳しさも感じられる試合となった。

パスワークと戦術的な組織力に秀でた日本チームに対して、効率的で素早い攻守の切り替えと、同じコンパクトなフォーメーションでしか、相手を打ち負かすことはできなかったのだ。 試合を通じて、日本は60%のポゼッションと12本のシュートを放ったが、シュートは1本のみで、カタールの堅い守備に阻まれ、ほとんどチャンスを得ることができなかった。

一方、カタールはポゼッションが40%にとどまり、セットプレーの数も相手よりはるかに少なかったが、6本のシュートから3点を集めた。

そんなカタールのチームに対して、日本は明らかに精神的、戦術的な準備ができておらず、カタールの強さを過小評価していた。 主力選手が数名欠場し、事実上の日本のセカンドチームという声もあるが、私見では、主力選手が揃っていても、優勝の可能性はカタール勢にあると思う。

サッカーユニフォーム

この10年間の成長をほぼ見守ってきましたが、2014年にはアジアユース選手権で優勝し、2022年のカタールワールドカップに向けて特別に育成されたチームです。 このチームは過去にヨーロッパやアメリカ中を旅し、しばしば海外でトレーニングを行い、レベルの高い国際試合も数多く行ってきました。 現在の代表チームには、アルモエズ(アリ)、アフィフ、ハッサン、ハイドスなど、U19の選手が8人いる。 その中でもアフィフは才能に溢れた選手であり、センターバックのハッサンはこの世のものとは思えないフリーキックのテクニックを持つ。

ユースや代表チームの充実なくして、どうして日本代表を語れるのか。 あの頃、なぜうちのチームはあんなに良かったんだろう? なぜなら、沈相府が率いる国家ユースチームは、国家チームに才能を送り込んだからだ。 ク・ボ、杜若、安騎、孫向は、アジアユース選手権とワールドユース選手権を経て、中国チームの控え選手となり、豊富な経験を積み、急成長したのである。 しかし、その代表ユース以降、まともな結果を残しているのは、クラウゼンが率いるチームだけのようだ。

カタールの代表合宿地であるキャンプ・アスベイルには、サッカーだけでなく、バスケットボールや陸上競技など、屋内外にいくつものサッカー場があり、世界トップレベルの施設が整っているのだが、どれだけの人が訪れたことがあるのだろうか。 バイエルン・ミュンヘンをはじめ、多くのビッグクラブが毎年、初冬にこの地を選んでトレーニングを行う。 アジアカップのときにもバイエルンを訪ねて来ました。

アスパイアキャンプのコンサルタントとして働いて以来、アジアではベトナムやインドネシア、アフリカではガーナやセネガル、中南米ではジャマイカやコスタリカなど、多くの国を訪れて若い選手を選抜してきました。貧しい地域に住むサッカー好きの子どもたちは、アスパイアプログラムのスポンサーとなってここでトレーニングを受け、才能ある優れた子どもたちの中には留まりたいと思う子どももいます。 彼らはトレーニングを続けた後、ベルギーやスペインに派遣され、アスパイアが買収したクラブの地元リーグでプレーすることができる。アルモエズやアフィフなどは、この経路をたどっているのだ。

カタール生まれのカタール育ちの選手は極めて少ない。カタールは非常に裕福で物質的に恵まれているため、プロ選手になりたいという若者は少ない。言うまでもなく、カタール自体には240万人しかいないため、海外に目を向けなければならない。選手の帰化は唯一の道だ。この子たちはカタールに住み、サッカートレーニングを受け、普通の文化教育を受け、幼いうちにカタール国民になるのだ また、その国への帰属意識も芽生えやすくなります。 試合でゴールを決めた選手がシャツにキスをするのを見かけますが、これは国への帰属意識の表れなのでしょう。

4年後、平均年齢24歳のカタールチームはさらに成熟していることが考えられ、2022年のワールドカップでは、カタールがサッカーユース育成で成し遂げたことを世界に示すことになるのだ。

カタールでの10年間を振り返ってみると、私はここでコーチングをし、定住し、コンサルタントとして働き、この国が大きく変化するのを目の当たりにしてきました。 現在のドーハは建設現場が多く、毎日のように新しいビルが建っている。 2022年のワールドカップに向けて、さまざまなスタジアムや地下鉄などの交通機関の建設が進められています。 スポーツの分野だけでなく、カタールには専用の文化基金があり、大学都市が設立され、アメリカの名門大学が数多くドーハにキャンパスを構えています。

どこに行っても「QATARI DESEVE THE BEST」というスローガンを目にする。 直訳すれば、カタール人は最高であるべきだという意味である。 カタール人は常に卓越したものを目指しており、ビジョンと忍耐と情熱のある者だけが「THE BEST」を手に入れることができる、と言っているのだと思います。