ウクライナサッカー連盟:W杯の直接出場権を認めるべき

北京2022年3月2日サッカーウクライナ代表はワールドカップ欧州予選プレーオフ1回戦でスコットランドと対戦することになり、同組のウェールズとオーストリアが対戦することになった。 ウクライナサッカー連盟の倫理委員長であるバランカ氏は、イタリア紙『Allmarket』のインタビューで、FIFAはウクライナをそのままカタールでのワールドカップに出場させるべきだと発言したのだ。

“サッカーは政治と密接に関係しており、ウクライナをそのままワールドカップに出場させることで、FIFAは非常に明確で重要なシグナルを送ることができると言えるでしょう。” バランカは「ちょっと興奮気味かもしれない、法的根拠がないことは分かっているが、他の国から反対されることはないと思う。 少なくとも12月まではウクライナに国を代表するサッカーチームがあるという期待も持たせることができる。”

サッカーユニフォーム

バランカは、ウクライナ代表がプレーオフを戦う気分になるとは思えないと言い、「ウクライナ代表を計画通りにプレーオフに参加させようとすると、肉体的にも精神的にも不可能だということも付け加えておく」と述べた。 論理的に考えて、現状ではウクライナチームが3月末にスコットランドに行くことは不可能です。”

「ウクライナがすぐにワールドカップの出場権を獲得することは、ウクライナの人々にとって非常に強いシグナルであり、大きなエネルギーとなることを、私は改めて強調したいと思います。 流行中にすでに見たことのあることですが、サッカーは悲劇にも重要な役割を果たすことができるということです。” バランカ氏は、「ロシアへの出入り禁止は非常に必要なことであり、ガスプロム社との協力関係を断ち切ったことも重要だった」と締めくくった。 ロシアはこのような結果を予想していなかったのだろうと私は思う。