ドイツはワールドカップで魔法にかかった

ワールドカップの歴史上、最も多くのタイトルを獲得しているのはブラジルです。 しかし、欧州サッカーでは、ドイツが1位である。 さらに、ワールドカップの決勝戦の回数では、ドイツ:ブラジル=8:7で、ドイツが勝っている。 同時に、ドイツはワールドカップで4回優勝し、ヨーロッパカップでもイタリアと優勝している。 しかし、これだけの実績と経験を持つ伝統的な強豪チームには、どうしても形而上学的な魅力がつきまとう。 ワールドカップの呪文といえば、ディフェンディング・チャンピオンのチームがトーナメントから脱落するという呪文ほど身近なものはないだろう。 ドイツも無縁ではありません。 2014年のワールドカップで優勝した後、2018年のワールドカップで水泡に帰し、グループステージで敗退してしまったのです。

しかし、ディフェンディング・チャンピオンのチームが出るという呪縛とは別に、ドイツにはワールドカップならではの呪縛がもう一つある。 それは、ドイツがワールドカップで優勝するたびに、次のワールドカップは必ずと言っていいほど、大敗を喫するということだ。 ワールドカップとなると、特に王者にとっては負けは避けられない。 次のワールドカップでタイトルを守るのは難しすぎる。 歴史上、イタリアとブラジルだけがそうしてきたのです。 だから、ほとんどのディフェンディングチャンピオンは、どこかの段階でノックアウトされるんだ。 しかし、ほとんどのディフェンディングチャンピオンが強豪に負けるのは気が引ける。 結局、みんな平等に強いんです。 例えば、2006年のワールドカップでは、優勝候補のブラジルが準々決勝で強豪のフランスに敗れたのは当然のことだった。

サッカーユニフォーム

しかし、ドイツはこれまで4回優勝を守り、4回のワールドカップではすべて大敗を喫している。

1954年のワールドカップでは、ドイツはベルンの奇跡を起こし、史上初の優勝を果たした。 1958年のワールドカップで、ドイツは寒さに見舞われた。 準決勝に進出したものの、スウェーデンに1-3で敗れた。 開催国であるスウェーデンは決勝まで進みましたが、ブラジルに2対5で負けたことから判断すると、本当に限界だったのでしょう。 さらに、スウェーデンは1954年のワールドカップを逃し、1950年のワールドカップではブラジルに敗れた。

スウェーデンは歴史的に見ても決してトップチームではなかったので、1958年のワールドカップで王者になったばかりのドイツを破ったときは本当に悔しい思いをしました。

1974年のワールドカップでは、ドイツはベッケンバウアーやゲド・ミュラーといった重鎮を擁し、オランダはクライフを下して自国開催のワールドカップで優勝した。 1978年のワールドカップでは、ドイツはグループを抜け出したものの、グループリーグ第2ステージでオーストリアに2-3で敗れた。

オーストリアは本当に良かったのですが、1978年当時は確かにドイツには及ばなかったですね。 しかも、オーストリアはその中でも最下位だった。 ドイツに勝っただけで、他の2試合は負けている。 これも寒かったのがわかると思います。

ドイツは1990年に再びワールドカップで優勝し、1994年のワールドカップはドイツが吹っ飛ぶという史上稀に見る名勝負を繰り広げました。 そのワールドカップの準々決勝で、ドイツはブルガリアに1-2で敗れ、ブルガリアは最大のダークホースとなった。 準決勝に進出し、過去最高の成績を収めた。 ドイツ戦は、ダークホースツアーの中でも傑作だった。
それから、2018年のワールドカップの例もありました。 今回、ドイツは気を抜いただけでなく、2回も爆発してしまった。 初戦でメキシコに0-1、3回戦で韓国に0-2で敗れた。 この2試合の結果は、十分にショッキングなものだった。

この呪いはドイツを本当に当惑させたと言えます。防御側のチャンピオンが負けるのは普通ですが、ドイツは常に自分たちほど良くないチームに負けます。 常に安定していて強いドイツにとって、これは確かに少し珍しいことです。

ムシアラ:ドイツ代表としてヘラクレス杯を勝ちたい

2022-05-13

5月13日に生中継されたバイエルンのムシアラは、先日、今シーズンやカタールでのワールドカップについてインタビューに答えました。

今シーズンの自分自身の得点について、ムジアラは「10点満点中3点です。今年は素晴らしいシーズンでしたし、プレータイムも増え、重要な試合にも何度か出場することができました。 精神的にも肉体的にも進歩した。”

ワールドカップでスタメンを獲得する可能性について、ムシアラは「自分を信じています!」と語った。 でも、先発だろうがベンチだろうが、チームを助ける準備はできているつもりです。 ワールドカップに向けて、少しでもチームの力になりたい。”

サッカーユニフォーム

日本代表のフリック監督について、ムシアラは「彼は私にとってメンターのような存在で、最初から私に自信を持たせてくれ、そのおかげで私はフィールドで頭を使うことができました」と語った。 日本代表からの全幅の信頼を感じています。”

今年カタールで開催されるワールドカップで、ドイツが優勝する可能性について、ムシアラは「ドイツのためにヘラクレスカップを勝ちたい!」と語った。 私たちは世界で最も人気のあるチームのひとつですが、同時に、このワールドカップには世界トップクラスのチームがたくさん出場しています。 タイトルを獲るのは簡単ではないが、自分たちで獲りに行かなければならないことを自覚しなければならない。 みんなそうです。”

スウェーデンとポーランド、ワールドカップに出場したのはどっち?

2022-03-29

ポーランドとスウェーデンの試合も非常に重要で、この試合の後、イベかレビンはワールドカップに参加できない。もちろん、南米ゾーンも非常に面白そうで、チリはウルグアイと、ペルーはパラグアイと対戦、ペルーが勝てばチリは勝てず、ペルーはワールドカップ大陸間プレーオフに参加、アフリカゾーンも5チームのワールドカップ入りを決める、このすべての答え合わせは30日に行う予定だ。

スウェーデンとポーランドは、誰が出場してもおかしくない試合をしていますが、グループステージを見ると、スウェーデンが強いように思います。 スウェーデンとポーランド、面白い試合だ。イベは最後のワールドカップでプレーするチャンスがあるかもしれない。ルヴァンも年齢から見て、最後のワールドカップでプレーするかもしれない。しかしグループステージを見ると、スウェーデンは本当に弱くない。このチームは、各ポジションに基本的に少し欠点があるだけで比較的バランスのとれたチームだ。しかしポーランドには欠点と強みが両方ありそうだ。ポーランド選手はスウェーデンよりレベルが低いような気がする。 ポーランドの選手はスウェーデンの選手より少し悪いようです。レビンのポーランドでのパフォーマンスは、クラブでのパフォーマンスほど良くはないのは事実です。やはり、パスを出す相手が必要で、ポーランドの選手はまだパス能力に安定感がありませんね。

だから、このゲームは強さを見るためにスウェーデンは大きなゲームの確率を獲得する必要がありますが、それを見て別の方法は、今回のワールドカップのプレーオフ、それは強いチームが、いくつかの困難を経験しているようだ、すべての後に、それは単一の除去ゲームです、そこに2番目のチャンスはありません、本当にそれが2ラウンド除去ゲームであれば、多分強いチームが確率が低い除去され、それは同じ間違いを二度することは不可能である、だからスウェーデンでは失われるのでしょうか。 そうするとイベはワールドカップに出られない? スウェーデンのプレーを見てみよう。実際、スウェーデンはプレーオフでプレーできるように見える。

南米ゾーンはちょっと面白くて、チリもペルーも勝たないとプレーオフのチャンスはないのですが、明らかにチリの方が勝つのは難しいですからね。

サッカーユニフォーム

チリの最後の試合はウルグアイとの対戦ですが、ウルグアイはすでにグループ外に出てしまったが、チリは衰退のレベルも非常に強いように見える、これも無力ですが、ウルグアイはグループ外に出てしまった、それはまた、いくつかの若者を使用して、水増しすることができるので、チリは自分のプレーを見て、パフォーマンスが良ければ、チームはワールドカップに入るチャンスがあるかもしれません、パフォーマンスが良好ではない場合、チームはノーチャンスです!チリの最後の試合は、ウルグアイとです。 ペルーの相手パラグアイは、いくつかの再生に比較的良好で、ペルー限り、あなたが勝つように、ワールドカップを入力するチャンスですが、まだ彼はボールを行うに勝つために必要な、ペルー実際には、最近のパフォーマンスは良いではありませんが、アジア地域はプレーオフに参加するオーストラリアであれば、それはまだペルー、すべての後に、ペルーのを再生したいと推定されている星が少ないです。

アフリカゾーンの次の試合はとてもエキサイティングだ。何しろ、どのチームも各対戦セットで優位に立っているようには見えないのだから。

今回はアフリカゾーンに強いマッチアップがたくさんありますが、これも意識して、今年のようなフォーマットでは、誰でもノックアウトされる可能性があるんです。 エジプトはワールドカップ出場のチャンスがあるように見えるが、実際にメンバーを見てみると、セネガルは決して弱くないし、セネガルはホームで戦っているので、エジプトは1点差で負けているようなものでよくない。 ナイジェリアとガーナ、ナイジェリアも難しいですが、ナイジェリアはチャンスがあるはずのように見える、カメルーン、モロッコ、チュニジアは、他の3チームが進めることができる、アフリカゾーン今回は本当に面白い大会システム、もちろん次のワールドカップ、アフリカゾーンの場所の数が増加している、準強豪チームがワールドカップに参加するチャンスを持ってする必要があります。

しかし、アフリカゾーンのフォーマットは本当に良い。誰もミスをしたくないし、チームも保守的にプレーするので、決勝戦はつまらなく見えるだろうが、試合の結果には多くの不確実性があり、グループステージよりもずっと面白いので、今日と明日の試合はとてもエキサイティングになるだろう。

FIFAがエクアドルの不正に関する調査を発表

2022-05-12

カタールで開催されるワールドカップに出場する29チームがすでに決定し、残りの3枠はプレーオフでいくつかのチームが埋めることになるが、塵も積もれば山となるで、FIFAはワールドカップのグループ分けまで決めてしまったのだ。

しかし、すでに敗退したチームは、必ずしも今回のワールドカップで敗退するわけではないのだろうか。 少なくとも今、3カ国が死角になることはなく、エクアドルのワールドカップ出場権を狙っている。

今年のワールドカップ南米予選では、エクアドルが勝ち点26で4位となり、ワールドカップへの直接出場権を獲得した。 その後のグループリーグ抽選で、エクアドルは開催国カタールがいるグループAに入り、セネガルとオランダが同グループの対戦相手となった。

グループリーグは抽選になったが、エクアドルのワールドカップへの切符はすでに決まっているわけではないのだ。 FIFAは今週、エクアドルによる違法な選手の使用の可能性について、公式調査を開始すると発表した。

FIFAは発表の中で、エクアドル代表として現在のワールドカップ予選で8試合に出場しているエクアドル人選手カスティーヨの国籍偽造の疑いに関して、チリサッカー連盟が苦情を提出したことから、エクアドルに対する調査が開始されたと述べている。

チリの情報筋によると、カスティーヨの両親はコロンビア人で、彼自身もコロンビアで生まれ、エクアドルの法律ではエクアドル国籍を取得する資格がないため、チリ側はカスティーヨの国籍は偽造だと考えている。

サッカーユニフォーム

カスティージョの国籍偽造が事実で、エクアドルのワールドカップ出場が取り消された場合、代わりにワールドカップに出場するのは誰なのか。

今年のワールドカップ南米予選の順位表によると、エクアドルの後ろは勝ち点24のペルー、次いで勝ち点23のコロンビア、そして勝ち点19のチリの順になっています。 南米にはワールドカップの出場枠が4.5つあり、それを実力順に並べると、ペルーがそのままワールドカップへ進出し、コロンビアはペルーの代わりに大陸間プレーオフに進み、チリはやはりワールドカップから遠ざかってしまう。

コロンビアは当然、予選の順位で埋まることを望んでいたが、エクアドルのワールドカップ切符を狙うチリ人が明らかに一番積極的だった。もちろん純粋な正義感からではなく、前回の南米世界予選でもボリビアが2試合で国籍の怪しい選手を使い、大会組織委員会が与えたのは、同様のケースである 大会組織委員会はこの2試合でボリビアにマイナスを与えただけで、チリはこうしてペルーに順位を抜かれ、ワールドカップ出場権を失ったのである。

もし4年前の裁定に従っていれば、チリはこの予選で勝ち点5を追加し、4位に浮上し、エクアドルにワールドカップへの直接の切符を与えていたことだろう。

FIFAのルールが明確でないため、チリ、コロンビアの他に、遠くヨーロッパにいるイタリアもエクアドルの案を打診している。 イタリア側は、ワールドカップ予選の現段階は終了し、もし調査結果がエクアドルに不利なものであれば、予選とは無関係のワールドカップから追い出されるカテゴリーに入るべきで、空いたスポットは敗者チームの中で世界最高位のチーム、つまりイタリアチームのために確保すべきと考えているようである。

イタリアの論理を受け入れていいのかどうか。 中国がワールドカップで優勝する」という筋書きでは、ワールドカップで空席がある場合、世界で最も多くのファンを持つ国が選ばれることになっているが、どの国が最も多くのファンを持つか分からない場合、サッカー代表チームにインドとのプレーオフをさせることもできる。

 

メキシコの2022年ワールドカップの展望

北中米・カリブ海地域の伝統的な有力チームであるメキシコ。 この10年間は、台頭するアメリカやカナダから強い挑戦を受け、その地位は揺らいでいる。 予選では他の2強との直接対決で劣勢に立たされながらも、他の北中米勢をいじめる伝統の技でワールドカップ本戦への切符を手に入れた。 世界2位の伝統あるチームとして、7回連続でグループリーグを突破しているメキシコも、今回のワールドカップで十分な結果を残したいところだろう。

メキシコの新しいチームロゴ

バルセロナやアルゼンチン代表の監督を務め、メジャーリーグサッカーの年間最優秀監督賞を受賞したマルティーノは、プレッシャーへの対処や現場での調整能力において、決して期待を裏切ることはない。 メキシコチームの衰退とともに、彼の指導力はメディアから批判されるようになった。 幸いマルティーノ監督は、メキシコの選手たちからの信頼を失うことなく、予選リーグを乗り切った。 しかし、ワールドカップのグループステージとなると、強豪相手には彼の監督としての力量が疑われることになる。

メキシコのフォーメーションは、4-3-3になります。 ゴールには、ポジション感覚が乏しく、対空守備は苦手だがセービング能力に優れ、大会でも常連のオチョア(36歳)が引き続きメインGKを務め、長髪でゴールラインの技術に優れたアセベドを代役に据える。

バックラインでは、メインの左サイドバックのアルテアガはアタッカーとしては優秀だがタックル、タックルに弱く、メインの左センターバックのバスケスはタックルとインターセプトは得意だがヘディングとタックルは平凡、メインの右センターバックのモンテスは体が大きくてヘディングが得意、運動量が多い、メインの右サイドバック、アラウージョは中央または右の選手だがタックルと万能選手、アタッカーとして優秀である。 ベンチには、左でも中央でもプレーできる経験豊富なヘクトル・モレノがメイン、右サイドバックにはボールキャリーに優れたスピードあるウイングバックのホルヘ・サンチェス、左サイドバックには優れたアシストのガヤルドが入る。

サッカーユニフォーム

中盤は、万能型B2BのMFエドソン・アルバレス、ゲームをよく見てボールを読むヘクター・エレーラ、5大リーグに食い込む可能性を秘めたバランス型選手のカルロス・ロドリゲスが主な組み合わせとなる。 経験豊富で攻撃的なベテランキャプテンのグアルダードと、アイントホーフェンの準主将エリック・グティエレスが主に代役を務めることになる。

フォワードラインでは、万能選手ながら衰えを感じさせないラウル・ヒメネスがメキシコ代表の中心的なセンターフォワードとなる。 メキシコのメッシ」と呼ばれるラインズと攻撃的な万能選手ベガがウイングを務め、ヘディングが得意で相性の良いアンリ・マルティンがセンターフォワードを務める予定だ。

強力なトリオを擁するバランスの取れたチームであるメキシコは、グループリーグの抽選で2位となったため、3位のセネガルやセルビアと対戦しない限り、グループリーグ突破が約束されることになった。

メキシコ系アメリカ人の選手を多く抱えるアメリカとの競争では、明らかに劣勢に立たされているメキシコは、すでにアメリカとの地域的なライバル関係で負けている。 ヨーロッパに渡る選手の多さや国内リーグの強さは、メキシコサッカーの根幹を保つことができる一方で、多くの人口が壁を越えてアメリカに渡り、政治腐敗や麻薬が蔓延している状況です。 今後、メキシコのチームが世界2部リーグの上位中位に食い込むことは難しいだろう。

メキシコはW杯シックスティーン

2022-05-12

6シーズン連続でベスト16に入り、チャンピオンズリーグのシックスティーンと呼ばれたレアル・マドリードの灰色の時代があった。 実は、ワールドカップにもシックスティーナがいて、その相手がメキシコだったんです。

94年以降、メキシコは7大会連続でワールドカップのベスト16に進出しており、この記録は滑稽としか言いようがない。

実は、これがメキシコの強さを正確に位置づけることができない理由です。 メキシコは強いチームだと思っている人が多く、コパ・アメリカでも何度かブラジルを破っている。 しかし、ワールドカップでは、これまでの最高成績はベスト8止まりで、北米のアメリカにも及ばないという、あまり説得力のない結果になっています。 アメリカは少なくとも準々決勝まで進みましたが、それは1930年代のことでした。

そして皮肉なことに、メキシコも何度かワールドカップでシード権を獲得し、良いグループ分けをされているが、それでもワールドカップで躍進することはできていない。

サッカーユニフォーム

何事にも表と裏があるものですが。 シックスティーンというタイトルは確かに恥ずかしいが、一方で、メキシコがグループステージで非常に安定したプレーを見せ、毎回突破していることを示すものでもある。 実は、簡単なことではないんです。

その他、ディフェンディングチャンピオンのグループリーグ敗退の呪いによって、フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど、多くの強豪チームがそうならなかった。 毎回順調にグループステージを突破しているのは、チームの基礎体力がまだ一線級であることを示しています。

実際、過去30年間のワールドカップのグループステージにおけるメキシコの成績を見ると、かなり強い。 他のどんな強いチームでも、彼らより良い成績を残せるとは限りません。 最も印象的だったのは、’94年W杯以降、メキシコはグループステージで超一流チームに負けなしということだ。

94年のワールドカップでは、メキシコは死の組に入れられた。 同グループの強敵は、最終的に準優勝したイタリアだった。 両者は引き分けた。

98年、メキシコはオランダ、ベルギー、韓国と同じグループだった。 もちろん、当時のベルギーはスーパーチームではありません。 結果は、メキシコとオランダの強豪チームが2対2の引き分け。 当時のオランダは、ベルカンプ、クルイベルト、ファンデルサール、チェンドン……と、かなり豪華な布陣で、強豪チームのほとんどを絶対に潰していたのはご存じのとおり。 しかし、そのようなラインナップでは、当時のメキシコを圧倒することはできなかった。

メキシコは02年のワールドカップでイタリアと再戦した。 この時、両者は引き分けた。 ’10年、メキシコはグループステージでフランスと対戦し、2-0で勝利した。

14年W杯では、メキシコと開催国ブラジルが同じグループに入り、決勝ラウンドで対戦しました。 両チームともすでに緒戦を終えており、試合は0-0の引き分けだったが、当時のブラジルメディアは「メキシコはブラジルの宿敵」という認識で、自チームを非常に心配していた。 18年は、メキシコが初戦でドイツを1-0で下している。

もちろん、メキシコは06年、10年のワールドカップでそれぞれポルトガル、ウルグアイに敗れている。 しかし、この2チームは厳密にはスーパーチームではない。 偶然にも、この両チームは当時、準々決勝に進出していた。

94年以降、メキシコはグループステージで6つのスーパーチームと対戦し、2勝4引き分けという成績を残している。 このような記録は、かなり強力です。 もし、このパフォーマンスをノックアウトステージまで続けることができれば、なぜ16チームのキャップを背負うことになるのだろうか? 今年のカタールワールドカップで、メキシコが新しい時代を切り開くことを期待したい。

カタールW杯の優勝候補はブラジル

世界第1位のブラジル

1994年以来、ワールドカップでは毎回優勝候補に挙げられているブラジルだが、2002年の日韓大会以来、20年ぶりの優勝となった。 過去4回のワールドカップは、イタリア、スペイン、ドイツ、フランスがそれぞれ1回ずつ優勝しており、ブラジルが欧州勢を引き離し、ヘラクレス杯を奪還できるかが、今回の注目点である。

かつてブラジルチームの最強は、一匹狼のロマーリオ、宇宙人のロナウド、ポニーのネイマールなど才能あふれるフォワードであり、その後、最強は中盤になり、精霊ロナウジーニョ、風を追うカカ、コウチーニョなど、そしてバックラインはルシオ、チアゴ・シウバ、マルセロ、マイコン、アルベスなど、今やゴールキーパーはブラジルチームの最強ポジションとなったのです。 現在、ブラジル代表の中で最も強いポジションはGKである。

サッカーユニフォーム

リバプールの主力GKアリソンはブラジルの主力GKとして多くの時間を過ごし、シティの主力GKエデルソンは「なんて悪い時代に生まれたんだ」と長いため息をついたが、そうでなければエデルソンはほとんどどの代表チームでも先発できただろう。 後方では、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、ミリタンのセントラルディフェンスは相変わらず堅固だが、マルセロとアウベスの高齢化により、長い伝統を持つブラジル人ウイングバックのアシスト力はかなり低下している。

中盤では、パケッタ、カゼミーロ、ファビーニョ、フェレイラの中盤の組み合わせは、ややスター性に欠けるものの、決して侮れない。 そして前線では、ヴィニシウスやロドリゴ、あるいはコウチーニョやリシャルリソンがネイマールと組んでも、その攻撃力は世界中のどのチームのGKも凍り付かせることができる。

ブラジル代表のタイテ監督は2016年から6年間指揮を執っており、ブラジル代表での最も価値のあるタイトルは、2018年ワールドカップで準々決勝でベルギーに1対2で敗れ、敗退した2019年のコパ・アメリカのタイトルである。 タイテ監督のもと、ブラジルは14勝3分けの無敗記録でカタールW杯の南米予選を首位で通過した。

ブラジルはスイス、セルビア、カメルーンとグループGに入ったが、セルビアもスイスも非常に強く、油断するとブラジルがガツンと転覆する危険性がある。 もしブラジルがグループステージを突破すれば、グループHのチーム、おそらくポルトガルかウルグアイと対戦することになるが、ブラジルがきちんとプレーすれば、この2チームを攻略することは可能なはずだ。 バオは、ブラジルの底力は準々決勝にあるはずで、決勝トーナメント進出、あるいは優勝の可能性も高いと考えている。

 

 

アルゼンチン、カタールW杯で優勝候補に

世界第4位のアルゼンチン。

現在のアルゼンチンの主力選手は、34歳のメッシとディ・マリア、34歳のオタメンディ、35歳のアルマーニを除けば、全員が30歳以下で、比較的若いことが、アルゼンチンがコパ・アメリカを制することができた重要な理由である。 インテルでプレーするラウタロはアルゼンチンの得点王となり、インテルのチームメイトであるコレアとのコンビで今後のアルゼンチンの前線の主役となる。中盤ではアトレティコ・デ・ポールとパリ・パルドレスがアルゼンチンの攻撃のオーガナイズを担っている。 アルゼンチンの最大の弱点は、昔から、そして現在も変わらない。

サッカーユニフォーム

アルゼンチンはカタール・ワールドカップでサウジアラビア、メキシコ、ポーランドとグループCに入り、同グループの3チームはアルゼンチンとの戦力差が比較的はっきりしている。 もしアルゼンチンがグループ1位を逃し、2位にとどまった場合、おそらく1/8ファイナルの早い段階でグループDの1位であるフランスと出会うことになる。 アルゼンチンが普通にプレーすれば、少なくともワールドカップのベスト8には入れるだろうが、さらに上を目指すには、リオネル・メッシの力が必要である。

2022年ワールドカップに向けて、日本には核がない

2022-03-31

ワールドカップで中国に1-0で勝ったときだけ、全試合に出場したのだ。 最終戦のベトナム戦では61分、ラウンドオブ12のファーストレグでは交代要員として20分、セカンドレグの中国戦では17分出場した。 12チームによるトーナメントの全日程で、久我山は得点もアシストもしなかった。

もちろん、これは空海英俊の怪我にも関係している。 昨年9月に行われたマジョルカのレアル・マドリード戦で半月板を損傷し、その後手術を受け、2ヶ月以上サッカーから遠ざかっている。 リーガ・エスパニョーラ8試合、12球団対抗戦4ラウンドを欠場した。

今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは20試合に出場し、1ゴール1アシストにとどまっている。 マジョルカは現在18位と降格の泥沼にはまり込んでいる。 今週末はヘタフェと対戦し、降格争いのメインイベントとなる。

サッカーユニフォーム

ラ・マシアが育てた未来のスター、空井英敏はバルサでの不正移籍でUEFAからペナルティを受け、日本に帰国しなければならなくなった。 東京FC、横浜マリノスでプレーした後、レアル・マドリードに移籍した。

しかし、レアル・マドリードのトップチームに空井英利の居場所はなく、何度もレンタル移籍を繰り返し、最後は2019年にマジョルカに移籍したが、チームはリーガから降格し、今回も降格の危機にさらされることになった。

桑原永は確かに才能があり、精神的にも成熟しているが、まだ日本チームの中心になるには早い。

南野拓実はリバプールでは縁の下の力持ちで、一部の副次的な試合でしか出場機会がない。コロンビア人ウイングのディアスが加入したことで、南野拓実のプレータイムはさらに少なくなっている。 これでは、南野拓実も日本代表のリーダーにはなれない。

カタール・ワールドカップでは、日本代表のグループリーグ突破は、怪我から復帰したアーセナルのDF冨安健洋、バックローの遠藤航、ウイングの伊東純也の3ラインからそれぞれ1人ずつ中心選手がプレーできるかどうかにかかっていると言っていい。

セルティックの得点王、古橋亨梧が怪我から復帰すれば、先発の座を獲得できるはずだ。 アイントラハト・フランクフルトのフロントマン、鎌田大地は実はとてもクリエイティブな選手だが、森保監督は守田英正と田中美の攻守にバランスのとれたチームを好んでいる。

森保ジャパンは、これまでのワールドカップの日本代表と比べると、芯がなく、戦術も保守的になりがちで、欧米の強豪チームのテンポの速い、強度の高い対決には、このスタイルでは有利に働かないだろう。

あまり日本サッカーを語りたくないし、郭衛に注目したいわけでもない。むしろ、ポルトガル・プレミアリーグのヴィスカーラで郭天佑が得点するのを見たいのだ。

しかし、郭は3ヶ月遅れでポルトガルに到着したばかりで、今週からチームのトレーニングに参加しており、プレー時間はまだ確定していない。

日本が最強のチームを送り込んでも、カタールが2022年W杯を制するだろう。

2019-02-02

昨夜、ドーハの街で歓喜する群衆、上がり下がりするサイレンの音は、18年前の瀋陽を思い出させた。2019年2月1日は、カタールのサッカー史上最も輝かしい日になることは間違いない。カタールが2022年ワールドカップ開催への入札に成功し、また大きな節目となったのである。

正直、決勝戦の前は少し不安でしたが、カタールが賢くプレーすれば、今の日本のチームでは手に負えないはずだと思ったのです。 結果的には、個人の能力の高さだけでなく、戦術的な規律の厳しさも感じられる試合となった。

パスワークと戦術的な組織力に秀でた日本チームに対して、効率的で素早い攻守の切り替えと、同じコンパクトなフォーメーションでしか、相手を打ち負かすことはできなかったのだ。 試合を通じて、日本は60%のポゼッションと12本のシュートを放ったが、シュートは1本のみで、カタールの堅い守備に阻まれ、ほとんどチャンスを得ることができなかった。

一方、カタールはポゼッションが40%にとどまり、セットプレーの数も相手よりはるかに少なかったが、6本のシュートから3点を集めた。

そんなカタールのチームに対して、日本は明らかに精神的、戦術的な準備ができておらず、カタールの強さを過小評価していた。 主力選手が数名欠場し、事実上の日本のセカンドチームという声もあるが、私見では、主力選手が揃っていても、優勝の可能性はカタール勢にあると思う。

サッカーユニフォーム

この10年間の成長をほぼ見守ってきましたが、2014年にはアジアユース選手権で優勝し、2022年のカタールワールドカップに向けて特別に育成されたチームです。 このチームは過去にヨーロッパやアメリカ中を旅し、しばしば海外でトレーニングを行い、レベルの高い国際試合も数多く行ってきました。 現在の代表チームには、アルモエズ(アリ)、アフィフ、ハッサン、ハイドスなど、U19の選手が8人いる。 その中でもアフィフは才能に溢れた選手であり、センターバックのハッサンはこの世のものとは思えないフリーキックのテクニックを持つ。

ユースや代表チームの充実なくして、どうして日本代表を語れるのか。 あの頃、なぜうちのチームはあんなに良かったんだろう? なぜなら、沈相府が率いる国家ユースチームは、国家チームに才能を送り込んだからだ。 ク・ボ、杜若、安騎、孫向は、アジアユース選手権とワールドユース選手権を経て、中国チームの控え選手となり、豊富な経験を積み、急成長したのである。 しかし、その代表ユース以降、まともな結果を残しているのは、クラウゼンが率いるチームだけのようだ。

カタールの代表合宿地であるキャンプ・アスベイルには、サッカーだけでなく、バスケットボールや陸上競技など、屋内外にいくつものサッカー場があり、世界トップレベルの施設が整っているのだが、どれだけの人が訪れたことがあるのだろうか。 バイエルン・ミュンヘンをはじめ、多くのビッグクラブが毎年、初冬にこの地を選んでトレーニングを行う。 アジアカップのときにもバイエルンを訪ねて来ました。

アスパイアキャンプのコンサルタントとして働いて以来、アジアではベトナムやインドネシア、アフリカではガーナやセネガル、中南米ではジャマイカやコスタリカなど、多くの国を訪れて若い選手を選抜してきました。貧しい地域に住むサッカー好きの子どもたちは、アスパイアプログラムのスポンサーとなってここでトレーニングを受け、才能ある優れた子どもたちの中には留まりたいと思う子どももいます。 彼らはトレーニングを続けた後、ベルギーやスペインに派遣され、アスパイアが買収したクラブの地元リーグでプレーすることができる。アルモエズやアフィフなどは、この経路をたどっているのだ。

カタール生まれのカタール育ちの選手は極めて少ない。カタールは非常に裕福で物質的に恵まれているため、プロ選手になりたいという若者は少ない。言うまでもなく、カタール自体には240万人しかいないため、海外に目を向けなければならない。選手の帰化は唯一の道だ。この子たちはカタールに住み、サッカートレーニングを受け、普通の文化教育を受け、幼いうちにカタール国民になるのだ また、その国への帰属意識も芽生えやすくなります。 試合でゴールを決めた選手がシャツにキスをするのを見かけますが、これは国への帰属意識の表れなのでしょう。

4年後、平均年齢24歳のカタールチームはさらに成熟していることが考えられ、2022年のワールドカップでは、カタールがサッカーユース育成で成し遂げたことを世界に示すことになるのだ。

カタールでの10年間を振り返ってみると、私はここでコーチングをし、定住し、コンサルタントとして働き、この国が大きく変化するのを目の当たりにしてきました。 現在のドーハは建設現場が多く、毎日のように新しいビルが建っている。 2022年のワールドカップに向けて、さまざまなスタジアムや地下鉄などの交通機関の建設が進められています。 スポーツの分野だけでなく、カタールには専用の文化基金があり、大学都市が設立され、アメリカの名門大学が数多くドーハにキャンパスを構えています。

どこに行っても「QATARI DESEVE THE BEST」というスローガンを目にする。 直訳すれば、カタール人は最高であるべきだという意味である。 カタール人は常に卓越したものを目指しており、ビジョンと忍耐と情熱のある者だけが「THE BEST」を手に入れることができる、と言っているのだと思います。