3大「ブロッカー」! フランスの優先事項は、タイトルを守ることではなく、グループの混乱を避けることです

今週末は欧州5大リーグが平常通り開催されているが、各国代表チームの名簿発表が相次ぎ、カタールでのワールドカップ開幕も目前に迫っている。

冬とリーグの中間に開催されるユニークなワールドカップとして、選手とファンに新しい経験をもたらすことは間違いありません。 では、カタール ワールド カップは、これらの埃まみれの歴史と法律を破るでしょうか? たとえば、過去 4 人のワールド カップ チャンピオンはヨーロッパのチームによって一掃されました。

正直なところ、トップスターのメッシとネイマールが今シーズン最高の状態に戻り、才能の爆発と団結の爆発が相まって、アルゼンチンとブラジルは外の世界について楽観的になるに値します. ただ、予選の状況を分析するよりも、各チームがまだ出場していない時期に、むやみにチャンピオンシップの状況を分析した方が現実に近いようです。

ワールドカップグループの予選に関して言えば、避けることのできないトピックの 1 つは、ディフェンディング チャンピオンの排除という非常に形而上学的な理論です。 過去5回のワールドカップを数えると、次の3つの手がかりが得られます。

1. 過去 5 回のワールドカップのうち 4 回で、ディフェンディング チャンピオンがグループから脱落しました。

2. グループから除外されなかった唯一のディフェンディング チャンピオンは南米のチーム ブラジルでした, 残りの 4 ディフェンディング チャンピオン チーム (フランス, イタリア, スペイン, ドイツ) はすべてヨーロッパのチームでした;

3. 過去 3 回のワールドカップで、ディフェンディング チャンピオンがグループから脱落したことはありません。

さらに要約すると、21世紀以降の5回のワールドカップでは、ディフェンディングチャンピオンがグループから脱落する確率は80%に達し、ディフェンディングチャンピオンが欧州チームの場合、この確率は100%に上昇します。

この結論の観点から、ワールドカップの歴史の車輪は再びフランスのチームに戻ってきました. さらに偶然にも、21世紀初のワールドカップ(2002年韓日ワールドカップ)でディフェンディングチャンピオンとしてグループから脱落したのはフランスチームだった。

問題は、ムバッペが率いるディフェンディング チャンピオンのフランス チームが呪いを解いたのか、それとも同じ過ちを繰り返したのかということです。

明らかに、確率論的な観点から一方的に答えを解析することはできません。 優勝からグループ脱落まで4年の差があったことを知っておかなければなりませんが、この4年で大きく変わることができます。

したがって、確率的な要因は別として、韓国と日本のワールドカップでフランスチーム、南アフリカでのワールドカップでイタリアチーム、ブラジルでのワールドカップでスペインチーム、ドイツチームから明らかにされた問題ロシアのワールドカップでは、主に次の側面に集中しています。

1.サッカー協会の奇妙な運営。 たとえば、南アフリカでのワールドカップでは、試合開始前に、イタリアサッカー協会がリッピ監督がワールドカップ後に解任されると発表しました。

2. 古いものと新しいものの交互の陣痛。 これは、2002 年のフランス チームと 2014 年のワールド カップのスペイン チームで特に顕著です。

3. チーム内の雰囲気は微妙です。 それは主に2018年ワールドカップのドイツチームに反映されており、特に古いものを捨てて新しいものを使うロウの「鍋の底から描く」スタイルに反映されています。

では、これらの問題は、今回のワールドカップでのフランス チームと関係があるのでしょうか? 答えはイエスのようです。

まず第一に、ジダンとレアル・マドリードが別れた後、ジダンとユベントス、パリ、その他の巨大クラブを結びつけるニュースが絶え間なく流れているが、ジダンは自宅で遊んでいても、クラブのコーチングにはあまり関心がないようだ。半年は動いていません。 これにより、別の噂の信頼性が高まり続けています。つまり、カタールワールドカップ後にデシャンのコーチを引き継ぎ、フランスチームを指導しています。 最近、スペインのメディアは、ジダンが 2023 年 1 月にフランスのチームを正式に受け入れるというニュースを再び伝えました。

第二に、ロシアでのワールドカップでフランスチームの優勝に貢献したポグバとカンテが負傷して行方不明になったため、カタールワールドカップのフランスチームはミッドフィールダーの状況に直面しました。 古いものと新しいものの受動的な交替が論理的であるかどうかについて結論を出すのは困難です。3つ目はベンゼマとムバッペのトップカード争い、一方では昇格間近の「ムー監督」、他方ではチャンピオンズリーグとゴールデンボール賞が2倍となるベンゼマと、フランスのチームに戻ってきた、このワールド カップです. Mbappe とベンゼマの重要性は自明です. そのため、誰が青葉で誰が紅花かという問題は完全には解決できず、二頭の虎の戦いになる可能性が高い。

上記の 3 つの側面は、フランス チームのこのワールド カップへの道のりにさまざまな程度の影響を与えることは明らかです。 したがって、ワールドカップのディフェンディングチャンピオングループによる形而上学の主観的な排除であろうと、多くの不確実性の客観的な要因であろうと. フランスのチームとデシャンの優先事項は、間違いなくタイトル防衛を成功させることではなく、グループの資格を確実に得るために呪いを破る方法です。

カタールW杯の優勝候補はフランスがリード

世界第3位のフランス

前回のワールドカップ優勝国であるフランスは、4年前よりも現在の方が強く、あのワールドカップ2018決勝でクロアチアに4対2で勝利した時のスタメン11人は、ウムティティとマテュイディを除いて現在も代表チームに残っており、多くの新鮮な血が加わっている。

ムバッペは4年前よりもずっと成熟した選手で、すでに世界のサッカー界でナンバーワンの選手まであと一歩のところまで来ている。 最前線にはまだグリーズマンとジルーがいるが、ブンデスリーガのコマンとンクンクは徐々に出世している。中盤はラビオ、ポグバ、カンテが欠かせないが、中盤ではすでにジョアン・アメニが先発を務め、19歳のカマヴィンガはレアル・マドリーで代表チームに選ばれる準備が整ってきている。 キンペンベ、ヴァラン、エルナンデス兄弟、ディーニュ、マイニャン、ロリというフランスのバックラインは、金のように堅固だ。

サッカーユニフォーム

ディディエ・デシャン監督が2012年にフランス代表の監督を始めてから10年が経ち、すでにフランス代表を掌握している彼にとって、フランスを再びワールドカップのタイトルに導くことは、フランス代表の監督として最後の目標かもしれません。

フランスはカタールでデンマーク、チュニジア、ペルー/オーストラリア/UAEとグループDに入り、グループ首位でグループCの予選を突破することは問題ないだろう。 グループCでアルゼンチンが普通にプレーしている限り、フランスはメキシコかポーランドと対戦することになり、さらに先に進むのは簡単です。 バオは、フランスがワールドカップのベスト8を入力すると考えている一番下の行は、通常のプレーは、少なくともワールドカップ準決勝を入力し、ワールドカップタイトルのための最も強力な候補になる、3回目のヘラクレスカップを保持することが期待されています。

w 杯で活躍が期待されるフランスの選手たち 

4月24日生放送 – 近年、2018年W杯優勝のフランス代表は、カタールW杯のフランス代表として期待される非常に優れた若手選手を多数輩出しています。 FIFAの公式サイトには、デシャンのワールドカップ帯同が期待される若手選手5名が掲載されており、その中にはンクンク、サリバ、ゴンドージも含まれています。

Nkunkuは、全コンペティションでの45試合の対戦で30ゴール、20アシストを記録し、キャリアで最も印象的なシーズンを送った。 ブンデスリーガでは17得点を挙げ、得点ランキングのトップ4入りを果たした。

3月のコートジボワール戦でフランス代表デビューを果たした同選手は、6月のカタール・ワールドカップでも代表チームで好成績を収めれば、出場が期待されます。

モナコの中盤の中心選手であるジョアン・アメニは、徐々にフランス代表の座を掴みつつある。 これまで、日本代表として出場した8試合のうち、4試合で先発出場している。 その結果、ポグバやカンテの代役としてカタールワールドカップに出場する可能性もある。

サッカーユニフォーム

マルセイユはリーグ1で2位につけており、アーセナルからレンタル移籍したサリバは非常に重要な役割を担っている。 これまで全コンペティションで46試合に出場し、サンパオリ監督のチームには欠かせない存在となっている。 今年3月、フランス代表としてデビューした。

サリバはディフェンスの万能選手であり、このままクラブで優秀な成績を収めれば、カタールから声がかかるだろう。 ズーマとウペルメカノが不調な今シーズン、彼はより良いポジションで戦えるようだ。

身長1.94mのコナテは、今シーズン、リヴァプールで印象的な活躍を見せている。 コナテは、4冠を目指すリバプールで、全コンペティション22試合に出場している。

4月以降、中央のDFとしてプレーするコナテは、チャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦とベンフィカ戦の2試合を含む5試合で3得点を記録している。

ピッチを縦横無尽に駆け回るミッドフィルダー、ゴンドッチは、おそらく彼のキャリアの中で最も印象的なシーズンを送っていることだろう。 サンパオリ監督のもとでは、全コンペティション49試合に出場し、4ゴール14アシストと、チームで2番目に多くの試合に出場している。

ゴンドージはサンパオリ監督率いるチームで非常に安定した成績を残しており、シーズンを通してその素晴らしいフォームを維持し、チームの中盤に欠かせない存在となっている。 そのことを考えれば、3月にデシャンが彼を代表に招集したのは当然のことだった。 南アフリカ戦で得点した後、ゴンドージは “ワールドカップでプレーすることは、私が目指している目標であり夢ですが、今はまだ先が長いです “と言っていたのです。