ドイツはワールドカップで魔法にかかった

ワールドカップの歴史上、最も多くのタイトルを獲得しているのはブラジルです。 しかし、欧州サッカーでは、ドイツが1位である。 さらに、ワールドカップの決勝戦の回数では、ドイツ:ブラジル=8:7で、ドイツが勝っている。 同時に、ドイツはワールドカップで4回優勝し、ヨーロッパカップでもイタリアと優勝している。 しかし、これだけの実績と経験を持つ伝統的な強豪チームには、どうしても形而上学的な魅力がつきまとう。 ワールドカップの呪文といえば、ディフェンディング・チャンピオンのチームがトーナメントから脱落するという呪文ほど身近なものはないだろう。 ドイツも無縁ではありません。 2014年のワールドカップで優勝した後、2018年のワールドカップで水泡に帰し、グループステージで敗退してしまったのです。

しかし、ディフェンディング・チャンピオンのチームが出るという呪縛とは別に、ドイツにはワールドカップならではの呪縛がもう一つある。 それは、ドイツがワールドカップで優勝するたびに、次のワールドカップは必ずと言っていいほど、大敗を喫するということだ。 ワールドカップとなると、特に王者にとっては負けは避けられない。 次のワールドカップでタイトルを守るのは難しすぎる。 歴史上、イタリアとブラジルだけがそうしてきたのです。 だから、ほとんどのディフェンディングチャンピオンは、どこかの段階でノックアウトされるんだ。 しかし、ほとんどのディフェンディングチャンピオンが強豪に負けるのは気が引ける。 結局、みんな平等に強いんです。 例えば、2006年のワールドカップでは、優勝候補のブラジルが準々決勝で強豪のフランスに敗れたのは当然のことだった。

サッカーユニフォーム

しかし、ドイツはこれまで4回優勝を守り、4回のワールドカップではすべて大敗を喫している。

1954年のワールドカップでは、ドイツはベルンの奇跡を起こし、史上初の優勝を果たした。 1958年のワールドカップで、ドイツは寒さに見舞われた。 準決勝に進出したものの、スウェーデンに1-3で敗れた。 開催国であるスウェーデンは決勝まで進みましたが、ブラジルに2対5で負けたことから判断すると、本当に限界だったのでしょう。 さらに、スウェーデンは1954年のワールドカップを逃し、1950年のワールドカップではブラジルに敗れた。

スウェーデンは歴史的に見ても決してトップチームではなかったので、1958年のワールドカップで王者になったばかりのドイツを破ったときは本当に悔しい思いをしました。

1974年のワールドカップでは、ドイツはベッケンバウアーやゲド・ミュラーといった重鎮を擁し、オランダはクライフを下して自国開催のワールドカップで優勝した。 1978年のワールドカップでは、ドイツはグループを抜け出したものの、グループリーグ第2ステージでオーストリアに2-3で敗れた。

オーストリアは本当に良かったのですが、1978年当時は確かにドイツには及ばなかったですね。 しかも、オーストリアはその中でも最下位だった。 ドイツに勝っただけで、他の2試合は負けている。 これも寒かったのがわかると思います。

ドイツは1990年に再びワールドカップで優勝し、1994年のワールドカップはドイツが吹っ飛ぶという史上稀に見る名勝負を繰り広げました。 そのワールドカップの準々決勝で、ドイツはブルガリアに1-2で敗れ、ブルガリアは最大のダークホースとなった。 準決勝に進出し、過去最高の成績を収めた。 ドイツ戦は、ダークホースツアーの中でも傑作だった。
それから、2018年のワールドカップの例もありました。 今回、ドイツは気を抜いただけでなく、2回も爆発してしまった。 初戦でメキシコに0-1、3回戦で韓国に0-2で敗れた。 この2試合の結果は、十分にショッキングなものだった。

この呪いはドイツを本当に当惑させたと言えます。防御側のチャンピオンが負けるのは普通ですが、ドイツは常に自分たちほど良くないチームに負けます。 常に安定していて強いドイツにとって、これは確かに少し珍しいことです。