FCバルセロナが開港

バルセロナは1月3日に2022年の初勝利を挙げましたが、この勝利はその後の戦いに良い影響を与えるでしょう。 1-0で勝利し、これで8勝7分け4敗と総合力の高さを見せつけ、リーグ5位につけている。

今回、ホームチームであるマジョルカは、過去に3勝6分け1敗と、2勝4分け4敗と相手よりも好成績を残しているため、勝利には結びつかなかった。

サッカーユニフォーム

マジョルカにとって不運だったのは、バルセロナが過去10試合で平均114回の攻撃を行い、今大会では121回の攻撃を行ったため、全体としては好調だったものの、バルセロナが堅い守りを確立していたため、うまくボールをコントロールすることができなかったことだ。

延長戦最終盤、ジャウメ・コスタがパディングシュートを打ち、突破されるかと思われたが、テル・ステーゲンが素早い反射神経でなんとかシュートを寝かせ、相手にこれ以上プレーの余地を与えず、ゲームをキープしたのである。

リュック・デヨンは前半さらに積極的に攻め、4分には何とか味方からのパスを確保したが、シュートはうまくラインを越えてしまい、ボールをゴール前に入れることはできなかった。 しかし44分、再びミングエサからパスを受け、そのボールを何とかゴール裏に流し込み、試合を優位に進め、最終的にはチームに勝ち越しゴールをもたらしたのである。