FCバルセロナリーグのレビュー

今シーズン、少なくとも22人の選手がゴールを集めている。 全リストは以下の通り:メンフィス(12)、オーバメヤン(11)、ルーク・デヨング(6)、アラウージョ(4)、アンソウ・ファティ(4)、フェラン・トーレス(4)、フランキー・デヨング(3)、ペドリ(3)、ニコ(2)、ガベ(2)、フィリップ・コウティーニョ(2)、ブラウスウェイト(2)、セルジ・ロベルト(2)、ジョルディ・アルバ(2)、セルジォ -ブスケッツ(2)、ムエズ・アブード(1)、ダニ・アウベス(1)、アグエロ(1)、ピケ(1)、フェラン・ウテグラ(1)、パッジ(1)、デンベレ(1)です。

メンフィスは今シーズン、FCバルセロナの得点王で12ゴール、次いでオーバメヤン(11ゴール)、ルーク・デヨング(6ゴール)となっている。

ルーク・デヨング(5)、アラウージョとオーバメヤン(3)、ガベ、ピケ、フェラン・ウテグラ、メンフィス、ブライスワイト(1)など、68得点中16得点がこの方法で得られているのだ。

バルサは2021/22シーズン、1試合あたりのシュート数で3位に甘んじなければならなかった。 レッド&ブルーの1試合平均は4.95だが、レアル・マドリー(259)とベティス(189)はもっと多い。

 サッカーユニフォーム

2021/22シーズンは1試合平均1失点にとどまりました。

これはチームのシーズン平均ポゼッション率で、今回もリーグトップである。 以下、レアル・マドリード(60.06%)、セビージャ(59.85%)と続いている。

また、バルサはパス完了数でもリーガ・エスパニョーラでトップで、合計20,507本(1試合あたり593.66本)である。 僅差でレアル・マドリード(20,445人)、セビージャ(17,265人)が続いている。 セルヒオ・ブスケッツはバルサのトップパサーであり、リーグトップの2,424本、ジョルディ・アルバ(2,071本)、レアル・マドリードのトニ・クロース(2,040本)と続いている。

出場時間は、今年バルサのシャツで最も多く出場したセルヒオ・ブスケッツ、次いでテル・ステーゲン(3,150)、ジョルディ・アルバ(2,548)となっている。