カタールW杯の優勝候補はブラジル

世界第1位のブラジル

1994年以来、ワールドカップでは毎回優勝候補に挙げられているブラジルだが、2002年の日韓大会以来、20年ぶりの優勝となった。 過去4回のワールドカップは、イタリア、スペイン、ドイツ、フランスがそれぞれ1回ずつ優勝しており、ブラジルが欧州勢を引き離し、ヘラクレス杯を奪還できるかが、今回の注目点である。

かつてブラジルチームの最強は、一匹狼のロマーリオ、宇宙人のロナウド、ポニーのネイマールなど才能あふれるフォワードであり、その後、最強は中盤になり、精霊ロナウジーニョ、風を追うカカ、コウチーニョなど、そしてバックラインはルシオ、チアゴ・シウバ、マルセロ、マイコン、アルベスなど、今やゴールキーパーはブラジルチームの最強ポジションとなったのです。 現在、ブラジル代表の中で最も強いポジションはGKである。

サッカーユニフォーム

リバプールの主力GKアリソンはブラジルの主力GKとして多くの時間を過ごし、シティの主力GKエデルソンは「なんて悪い時代に生まれたんだ」と長いため息をついたが、そうでなければエデルソンはほとんどどの代表チームでも先発できただろう。 後方では、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、ミリタンのセントラルディフェンスは相変わらず堅固だが、マルセロとアウベスの高齢化により、長い伝統を持つブラジル人ウイングバックのアシスト力はかなり低下している。

中盤では、パケッタ、カゼミーロ、ファビーニョ、フェレイラの中盤の組み合わせは、ややスター性に欠けるものの、決して侮れない。 そして前線では、ヴィニシウスやロドリゴ、あるいはコウチーニョやリシャルリソンがネイマールと組んでも、その攻撃力は世界中のどのチームのGKも凍り付かせることができる。

ブラジル代表のタイテ監督は2016年から6年間指揮を執っており、ブラジル代表での最も価値のあるタイトルは、2018年ワールドカップで準々決勝でベルギーに1対2で敗れ、敗退した2019年のコパ・アメリカのタイトルである。 タイテ監督のもと、ブラジルは14勝3分けの無敗記録でカタールW杯の南米予選を首位で通過した。

ブラジルはスイス、セルビア、カメルーンとグループGに入ったが、セルビアもスイスも非常に強く、油断するとブラジルがガツンと転覆する危険性がある。 もしブラジルがグループステージを突破すれば、グループHのチーム、おそらくポルトガルかウルグアイと対戦することになるが、ブラジルがきちんとプレーすれば、この2チームを攻略することは可能なはずだ。 バオは、ブラジルの底力は準々決勝にあるはずで、決勝トーナメント進出、あるいは優勝の可能性も高いと考えている。