カタールW杯の優勝候補はフランスがリード

世界第3位のフランス

前回のワールドカップ優勝国であるフランスは、4年前よりも現在の方が強く、あのワールドカップ2018決勝でクロアチアに4対2で勝利した時のスタメン11人は、ウムティティとマテュイディを除いて現在も代表チームに残っており、多くの新鮮な血が加わっている。

ムバッペは4年前よりもずっと成熟した選手で、すでに世界のサッカー界でナンバーワンの選手まであと一歩のところまで来ている。 最前線にはまだグリーズマンとジルーがいるが、ブンデスリーガのコマンとンクンクは徐々に出世している。中盤はラビオ、ポグバ、カンテが欠かせないが、中盤ではすでにジョアン・アメニが先発を務め、19歳のカマヴィンガはレアル・マドリーで代表チームに選ばれる準備が整ってきている。 キンペンベ、ヴァラン、エルナンデス兄弟、ディーニュ、マイニャン、ロリというフランスのバックラインは、金のように堅固だ。

サッカーユニフォーム

ディディエ・デシャン監督が2012年にフランス代表の監督を始めてから10年が経ち、すでにフランス代表を掌握している彼にとって、フランスを再びワールドカップのタイトルに導くことは、フランス代表の監督として最後の目標かもしれません。

フランスはカタールでデンマーク、チュニジア、ペルー/オーストラリア/UAEとグループDに入り、グループ首位でグループCの予選を突破することは問題ないだろう。 グループCでアルゼンチンが普通にプレーしている限り、フランスはメキシコかポーランドと対戦することになり、さらに先に進むのは簡単です。 バオは、フランスがワールドカップのベスト8を入力すると考えている一番下の行は、通常のプレーは、少なくともワールドカップ準決勝を入力し、ワールドカップタイトルのための最も強力な候補になる、3回目のヘラクレスカップを保持することが期待されています。