メキシコはグループステージの王者の称号をさらに高めるかもしれない。

メキシコ:不安なくグループステージ敗退? ヒメネスが背負うべきもの!

メキシコの現役スター、ヒメネスを海外で検索すると、割とよく出てくる名前があるんですよ

それは、元メキシコ代表のスーパースターで、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードで活躍した得点王、ハビエル・エルナンデス(愛称:リトルピー)である。

ヒメネスがリトル・エンドウの代わりになれないことが、メキシコ代表の目下の最大の問題だ。 現在USLでプレーしている33歳のエルナンデスは、今でもゴール効率は良いが、2019年の親善試合数試合以来、エルナンデスはメキシコ代表には入っていない。

また、海外メディアによると、2018年ワールドカップ後、海外に残ったメキシコの国際選手は、エルナンデス、ベラ、レイユン、グアルダードなど、肖像権をめぐって代表チームと仲違いし、一方でラウール・ヒメネスを筆頭に新しい国際選手は目立ち、より多くの機会を与えられたという。

4年前のチームとは大きく異なる現在のメキシコ代表は、それ以上の実績を作れていない。 2021年のアメリカン・ゴールドカップでは、メキシコはアメリカと対戦して決勝まで進んだが、結局相手に敗れ、この選手たちにとっては2大会連続でアメリカを破ることなくアメリカン・ゴールドカップの決勝進出を決めたことになる。

ヒメネスは、現時点でのメヒコの最大の問題点である。現在USLに所属する33歳のエレナデスは、今日もジェル効率が良く、2019年の親善トライアル・ナンバートライアル以来、エレナデスはメヒコスの代表として活躍しています。

サッカーユニフォーム

しかし、メキシコのファンはまだエルナンデスを恋しがっている

エルナンデスは過去にメキシコ代表として105試合に出場し、合計52ゴール13アシストを記録している。メキシコのファンの中には、小豆の代わりに出場したラウール・ヒメネスを愚弄する者もいる。30歳の彼がエルナンデスの得点記録に並ぶには、21のPKを決める必要があるのだ!」と。

その理由は簡単で、2021年の開幕以来(この年だけカウントしている)、ラウール・ヒメネスはメキシコ代表として9試合しか出場しておらず(怪我に悩まされた)、得点は3点のみ、その3点はすべてPKだった(なお、メキシコでのヒメネスの得点は多くがフレンドリーゴールである)。

明らかに過去の「グループステージの王」であるメキシコは、1994年から2018年まで7大会連続でグループステージを突破しており(ただしベスト16は突破していない)、ラウール・ヒメネスのメキシコは少なくともそれを達成しなければ、すでに不満の声が出ている メキシコのファンは、きっと攻撃を激化させるでしょう

自分たちの力を証明することが、今回のワールドカップでメキシコチームにとって最も重要な課題である。