ポドルスキ:ポーランドがワールドカップの出場権を獲得することを願う

ポドルスキは昨夏、地元ザブチェ・マイナーズでプレーし、ポーランド・プレミアリーグ史上初のワールドカップ優勝者となった。 最近、ポーランドのメディアSportoweFaktyの取材に応じ、近い将来の計画について語り、ワールドカップのプレーオフに臨むポーランド代表の健闘を祈った。

ポドルスキはまず、「勝ち点28で7位につけているし、最後の試合はいいプレーができた」と、シーズン前半戦のチームのパフォーマンスを総括した。 ザブリーズ・マイナーズが決して小さくはないこと、そして歴史だけではない素晴らしいクラブであることを証明したのです。 まだシーズンはたくさん残っていますが、理論上、より強く、より豊かなクラブと競争できることはすでに証明されています。 この調子でいけば、トップ8に食い込むことができると思います。 それが現実的だと思います。”

また、元ドイツ代表は、特定の成績にこだわっているわけではないことを強調し、「僕は好きなクラブで、好きなことをやっているんだ」と語った。 私のキャリアにおける夢は、このシャツを着ることです。”

サッカーユニフォーム

ポドルスキの息子も現在ザブリーズ・マイナーズでプレーしているが、ユースチームで何点か決めている。「彼は僕より多く、10点くらいは決めている。 でも、シーズン終了までまだ長い道のりだから、もしかしたら追いつけるかもしれないね。”

今シーズン終了後の予定について、ポドルスキは「サッカー、トレーニング、プレーが大好きだし、まだまだプレーしたい」と語っている。 この夏でキャリアを終わらせたくない。”

ポーランドは3月にロシアとのワールドカップ・プレーオフを控えており、ポドルスキは「僕はポーランドを応援しているし、ロシアをトーナメントからノックアウトして、決勝で優勝してほしい」と話した。 ポーランドがワールドカップの決勝トーナメントに進出することを祈っています。 ワールドカップには3回出場しましたが、素晴らしい経験でした。”