レアルマドリードが41億ポンドでトップ

今週末にチャンピオンズリーグ決勝が行われるが、レアル・マドリードは早くも「優勝」を手に入れた。 27日、『フォーブス』が最新版のサッカークラブ価値ランキングを発表し、トップは41億ポンド(約5100億円)のレアル・マドリ、2位は40億ポンドのバルセロナ、以下マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、バイエルンと続いている。

世界のサッカー界で最も影響力のあるスーパージャイアントとして、レアル・マドリードのファンはどこにでもおり、ギャラクティコスの商業的価値は無限大です。 子供の頃の夢」と言われるように、レアル・マドリードでプレーして育った選手も少なくない。 今シーズン、レアル・マドリードはリーガ・エスパニョーラで優勝し、チャンピオンズリーグでも決勝に進出するなど、好調なシーズンを送っている。

フォーブスの計算では、レアル・マドリードの市場価値は現在41億ポンドで、昨年より7%増加し、サッカー界で最も価値のあるクラブとなった。 昨年はバルサがトップで、今年は2位につけている。 レッド&ブルーズは、今シーズンは不調だったものの、市場価値は40億ポンド(約4600億円)に達しています。 バルサはシャビを迎えてから徐々に復活している。

サッカーユニフォーム

イングランド・プレミアリーグの巨人マンチェスター・ユナイテッドは、36億5000万ポンドの価値を持ち、サッカー界で3位である。 ファーガソン引退後、ユナイテッドの成績は芳しくなく、2013年以降プレミアリーグで首位に立ったことがない。 しかし、ユナイテッドの財務状況は良好で、ファン層もひどい範囲にとどまっている。 ユナイテッドが依然としてプレミアリーグでナンバーワンの価値を持つチームであることは否定できない。

リバプールは4位で、35億4千万ポンドの価値があるそうです。 ユルゲン・クロップ監督のもと、リヴァプールの成績は急上昇し、5年間で3度のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たし、プレミアリーグと欧州サッカー界の超大国として再浮上している。 サッカー界のトップ10クラブのうち、プレミアリーグのチームは5つのスポットを占めており、これはかなり威圧的である。 マンチェスター・ユナイテッドとリバプールのほか、マンチェスター・シティ(33億ポンド)、チェルシー(24億ポンド)、トッテナム・ホットスパー(18億6000万ポンド)もトップ10をキープしている。

ブンデスリーガの強豪バイエルンは5位で34億円、富豪パリは7位で33億円、セリエAのチームはユーベのみで、ゼブレットは19億円となっています。