カタールW杯の優勝候補はフランスがリード

世界第3位のフランス

前回のワールドカップ優勝国であるフランスは、4年前よりも現在の方が強く、あのワールドカップ2018決勝でクロアチアに4対2で勝利した時のスタメン11人は、ウムティティとマテュイディを除いて現在も代表チームに残っており、多くの新鮮な血が加わっている。

ムバッペは4年前よりもずっと成熟した選手で、すでに世界のサッカー界でナンバーワンの選手まであと一歩のところまで来ている。 最前線にはまだグリーズマンとジルーがいるが、ブンデスリーガのコマンとンクンクは徐々に出世している。中盤はラビオ、ポグバ、カンテが欠かせないが、中盤ではすでにジョアン・アメニが先発を務め、19歳のカマヴィンガはレアル・マドリーで代表チームに選ばれる準備が整ってきている。 キンペンベ、ヴァラン、エルナンデス兄弟、ディーニュ、マイニャン、ロリというフランスのバックラインは、金のように堅固だ。

サッカーユニフォーム

ディディエ・デシャン監督が2012年にフランス代表の監督を始めてから10年が経ち、すでにフランス代表を掌握している彼にとって、フランスを再びワールドカップのタイトルに導くことは、フランス代表の監督として最後の目標かもしれません。

フランスはカタールでデンマーク、チュニジア、ペルー/オーストラリア/UAEとグループDに入り、グループ首位でグループCの予選を突破することは問題ないだろう。 グループCでアルゼンチンが普通にプレーしている限り、フランスはメキシコかポーランドと対戦することになり、さらに先に進むのは簡単です。 バオは、フランスがワールドカップのベスト8を入力すると考えている一番下の行は、通常のプレーは、少なくともワールドカップ準決勝を入力し、ワールドカップタイトルのための最も強力な候補になる、3回目のヘラクレスカップを保持することが期待されています。

w 杯で活躍が期待されるフランスの選手たち 

4月24日生放送 – 近年、2018年W杯優勝のフランス代表は、カタールW杯のフランス代表として期待される非常に優れた若手選手を多数輩出しています。 FIFAの公式サイトには、デシャンのワールドカップ帯同が期待される若手選手5名が掲載されており、その中にはンクンク、サリバ、ゴンドージも含まれています。

Nkunkuは、全コンペティションでの45試合の対戦で30ゴール、20アシストを記録し、キャリアで最も印象的なシーズンを送った。 ブンデスリーガでは17得点を挙げ、得点ランキングのトップ4入りを果たした。

3月のコートジボワール戦でフランス代表デビューを果たした同選手は、6月のカタール・ワールドカップでも代表チームで好成績を収めれば、出場が期待されます。

モナコの中盤の中心選手であるジョアン・アメニは、徐々にフランス代表の座を掴みつつある。 これまで、日本代表として出場した8試合のうち、4試合で先発出場している。 その結果、ポグバやカンテの代役としてカタールワールドカップに出場する可能性もある。

サッカーユニフォーム

マルセイユはリーグ1で2位につけており、アーセナルからレンタル移籍したサリバは非常に重要な役割を担っている。 これまで全コンペティションで46試合に出場し、サンパオリ監督のチームには欠かせない存在となっている。 今年3月、フランス代表としてデビューした。

サリバはディフェンスの万能選手であり、このままクラブで優秀な成績を収めれば、カタールから声がかかるだろう。 ズーマとウペルメカノが不調な今シーズン、彼はより良いポジションで戦えるようだ。

身長1.94mのコナテは、今シーズン、リヴァプールで印象的な活躍を見せている。 コナテは、4冠を目指すリバプールで、全コンペティション22試合に出場している。

4月以降、中央のDFとしてプレーするコナテは、チャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦とベンフィカ戦の2試合を含む5試合で3得点を記録している。

ピッチを縦横無尽に駆け回るミッドフィルダー、ゴンドッチは、おそらく彼のキャリアの中で最も印象的なシーズンを送っていることだろう。 サンパオリ監督のもとでは、全コンペティション49試合に出場し、4ゴール14アシストと、チームで2番目に多くの試合に出場している。

ゴンドージはサンパオリ監督率いるチームで非常に安定した成績を残しており、シーズンを通してその素晴らしいフォームを維持し、チームの中盤に欠かせない存在となっている。 そのことを考えれば、3月にデシャンが彼を代表に招集したのは当然のことだった。 南アフリカ戦で得点した後、ゴンドージは “ワールドカップでプレーすることは、私が目指している目標であり夢ですが、今はまだ先が長いです “と言っていたのです。