メキシコの2022年ワールドカップの展望

北中米・カリブ海地域の伝統的な有力チームであるメキシコ。 この10年間は、台頭するアメリカやカナダから強い挑戦を受け、その地位は揺らいでいる。 予選では他の2強との直接対決で劣勢に立たされながらも、他の北中米勢をいじめる伝統の技でワールドカップ本戦への切符を手に入れた。 世界2位の伝統あるチームとして、7回連続でグループリーグを突破しているメキシコも、今回のワールドカップで十分な結果を残したいところだろう。

メキシコの新しいチームロゴ

バルセロナやアルゼンチン代表の監督を務め、メジャーリーグサッカーの年間最優秀監督賞を受賞したマルティーノは、プレッシャーへの対処や現場での調整能力において、決して期待を裏切ることはない。 メキシコチームの衰退とともに、彼の指導力はメディアから批判されるようになった。 幸いマルティーノ監督は、メキシコの選手たちからの信頼を失うことなく、予選リーグを乗り切った。 しかし、ワールドカップのグループステージとなると、強豪相手には彼の監督としての力量が疑われることになる。

メキシコのフォーメーションは、4-3-3になります。 ゴールには、ポジション感覚が乏しく、対空守備は苦手だがセービング能力に優れ、大会でも常連のオチョア(36歳)が引き続きメインGKを務め、長髪でゴールラインの技術に優れたアセベドを代役に据える。

バックラインでは、メインの左サイドバックのアルテアガはアタッカーとしては優秀だがタックル、タックルに弱く、メインの左センターバックのバスケスはタックルとインターセプトは得意だがヘディングとタックルは平凡、メインの右センターバックのモンテスは体が大きくてヘディングが得意、運動量が多い、メインの右サイドバック、アラウージョは中央または右の選手だがタックルと万能選手、アタッカーとして優秀である。 ベンチには、左でも中央でもプレーできる経験豊富なヘクトル・モレノがメイン、右サイドバックにはボールキャリーに優れたスピードあるウイングバックのホルヘ・サンチェス、左サイドバックには優れたアシストのガヤルドが入る。

サッカーユニフォーム

中盤は、万能型B2BのMFエドソン・アルバレス、ゲームをよく見てボールを読むヘクター・エレーラ、5大リーグに食い込む可能性を秘めたバランス型選手のカルロス・ロドリゲスが主な組み合わせとなる。 経験豊富で攻撃的なベテランキャプテンのグアルダードと、アイントホーフェンの準主将エリック・グティエレスが主に代役を務めることになる。

フォワードラインでは、万能選手ながら衰えを感じさせないラウル・ヒメネスがメキシコ代表の中心的なセンターフォワードとなる。 メキシコのメッシ」と呼ばれるラインズと攻撃的な万能選手ベガがウイングを務め、ヘディングが得意で相性の良いアンリ・マルティンがセンターフォワードを務める予定だ。

強力なトリオを擁するバランスの取れたチームであるメキシコは、グループリーグの抽選で2位となったため、3位のセネガルやセルビアと対戦しない限り、グループリーグ突破が約束されることになった。

メキシコ系アメリカ人の選手を多く抱えるアメリカとの競争では、明らかに劣勢に立たされているメキシコは、すでにアメリカとの地域的なライバル関係で負けている。 ヨーロッパに渡る選手の多さや国内リーグの強さは、メキシコサッカーの根幹を保つことができる一方で、多くの人口が壁を越えてアメリカに渡り、政治腐敗や麻薬が蔓延している状況です。 今後、メキシコのチームが世界2部リーグの上位中位に食い込むことは難しいだろう。

メキシコはW杯シックスティーン

2022-05-12

6シーズン連続でベスト16に入り、チャンピオンズリーグのシックスティーンと呼ばれたレアル・マドリードの灰色の時代があった。 実は、ワールドカップにもシックスティーナがいて、その相手がメキシコだったんです。

94年以降、メキシコは7大会連続でワールドカップのベスト16に進出しており、この記録は滑稽としか言いようがない。

実は、これがメキシコの強さを正確に位置づけることができない理由です。 メキシコは強いチームだと思っている人が多く、コパ・アメリカでも何度かブラジルを破っている。 しかし、ワールドカップでは、これまでの最高成績はベスト8止まりで、北米のアメリカにも及ばないという、あまり説得力のない結果になっています。 アメリカは少なくとも準々決勝まで進みましたが、それは1930年代のことでした。

そして皮肉なことに、メキシコも何度かワールドカップでシード権を獲得し、良いグループ分けをされているが、それでもワールドカップで躍進することはできていない。

サッカーユニフォーム

何事にも表と裏があるものですが。 シックスティーンというタイトルは確かに恥ずかしいが、一方で、メキシコがグループステージで非常に安定したプレーを見せ、毎回突破していることを示すものでもある。 実は、簡単なことではないんです。

その他、ディフェンディングチャンピオンのグループリーグ敗退の呪いによって、フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど、多くの強豪チームがそうならなかった。 毎回順調にグループステージを突破しているのは、チームの基礎体力がまだ一線級であることを示しています。

実際、過去30年間のワールドカップのグループステージにおけるメキシコの成績を見ると、かなり強い。 他のどんな強いチームでも、彼らより良い成績を残せるとは限りません。 最も印象的だったのは、’94年W杯以降、メキシコはグループステージで超一流チームに負けなしということだ。

94年のワールドカップでは、メキシコは死の組に入れられた。 同グループの強敵は、最終的に準優勝したイタリアだった。 両者は引き分けた。

98年、メキシコはオランダ、ベルギー、韓国と同じグループだった。 もちろん、当時のベルギーはスーパーチームではありません。 結果は、メキシコとオランダの強豪チームが2対2の引き分け。 当時のオランダは、ベルカンプ、クルイベルト、ファンデルサール、チェンドン……と、かなり豪華な布陣で、強豪チームのほとんどを絶対に潰していたのはご存じのとおり。 しかし、そのようなラインナップでは、当時のメキシコを圧倒することはできなかった。

メキシコは02年のワールドカップでイタリアと再戦した。 この時、両者は引き分けた。 ’10年、メキシコはグループステージでフランスと対戦し、2-0で勝利した。

14年W杯では、メキシコと開催国ブラジルが同じグループに入り、決勝ラウンドで対戦しました。 両チームともすでに緒戦を終えており、試合は0-0の引き分けだったが、当時のブラジルメディアは「メキシコはブラジルの宿敵」という認識で、自チームを非常に心配していた。 18年は、メキシコが初戦でドイツを1-0で下している。

もちろん、メキシコは06年、10年のワールドカップでそれぞれポルトガル、ウルグアイに敗れている。 しかし、この2チームは厳密にはスーパーチームではない。 偶然にも、この両チームは当時、準々決勝に進出していた。

94年以降、メキシコはグループステージで6つのスーパーチームと対戦し、2勝4引き分けという成績を残している。 このような記録は、かなり強力です。 もし、このパフォーマンスをノックアウトステージまで続けることができれば、なぜ16チームのキャップを背負うことになるのだろうか? 今年のカタールワールドカップで、メキシコが新しい時代を切り開くことを期待したい。

メキシコはグループステージの王者の称号をさらに高めるかもしれない。

メキシコ:不安なくグループステージ敗退? ヒメネスが背負うべきもの!

メキシコの現役スター、ヒメネスを海外で検索すると、割とよく出てくる名前があるんですよ

それは、元メキシコ代表のスーパースターで、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードで活躍した得点王、ハビエル・エルナンデス(愛称:リトルピー)である。

ヒメネスがリトル・エンドウの代わりになれないことが、メキシコ代表の目下の最大の問題だ。 現在USLでプレーしている33歳のエルナンデスは、今でもゴール効率は良いが、2019年の親善試合数試合以来、エルナンデスはメキシコ代表には入っていない。

また、海外メディアによると、2018年ワールドカップ後、海外に残ったメキシコの国際選手は、エルナンデス、ベラ、レイユン、グアルダードなど、肖像権をめぐって代表チームと仲違いし、一方でラウール・ヒメネスを筆頭に新しい国際選手は目立ち、より多くの機会を与えられたという。

4年前のチームとは大きく異なる現在のメキシコ代表は、それ以上の実績を作れていない。 2021年のアメリカン・ゴールドカップでは、メキシコはアメリカと対戦して決勝まで進んだが、結局相手に敗れ、この選手たちにとっては2大会連続でアメリカを破ることなくアメリカン・ゴールドカップの決勝進出を決めたことになる。

ヒメネスは、現時点でのメヒコの最大の問題点である。現在USLに所属する33歳のエレナデスは、今日もジェル効率が良く、2019年の親善トライアル・ナンバートライアル以来、エレナデスはメヒコスの代表として活躍しています。

サッカーユニフォーム

しかし、メキシコのファンはまだエルナンデスを恋しがっている

エルナンデスは過去にメキシコ代表として105試合に出場し、合計52ゴール13アシストを記録している。メキシコのファンの中には、小豆の代わりに出場したラウール・ヒメネスを愚弄する者もいる。30歳の彼がエルナンデスの得点記録に並ぶには、21のPKを決める必要があるのだ!」と。

その理由は簡単で、2021年の開幕以来(この年だけカウントしている)、ラウール・ヒメネスはメキシコ代表として9試合しか出場しておらず(怪我に悩まされた)、得点は3点のみ、その3点はすべてPKだった(なお、メキシコでのヒメネスの得点は多くがフレンドリーゴールである)。

明らかに過去の「グループステージの王」であるメキシコは、1994年から2018年まで7大会連続でグループステージを突破しており(ただしベスト16は突破していない)、ラウール・ヒメネスのメキシコは少なくともそれを達成しなければ、すでに不満の声が出ている メキシコのファンは、きっと攻撃を激化させるでしょう

自分たちの力を証明することが、今回のワールドカップでメキシコチームにとって最も重要な課題である。